ラオス視察レポート2「文化と風土」

先日、ある街のタウン紙にJICAの海外支援プログラムの一環として、ラオスへ派遣される看護師さんの記事がありました。

都市部と地方の違いは、新興国ほど顕著に現れますが、首都のビエンチャンは欧州からの観光客や地元の若者で、街角の露店は賑わいを見せていました。今回のレポートはそんな一面を切り取った、「文化と風土」をテーマにしたレポートをお届けします。

ラオス視察レポート2「文化と風土」

 

★ラオス視察レポート2をダウンロードする

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。

=お断り=

私たちががラオスを訪問したのは2015年9月のことであり、本レポートの情報は2015年時点のものを基本とし、当協会Webサイトへアップするにあたり一部再編を加えたものです。よって最新の情報と必ずしも合致しない場合があることをご了承下さい。

=さらに詳しい情報を知りたい方へWEB講座のご案内=

アセアン進出支援士資格講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です